スノーヴァのプラセンタ

スノーヴァに含まれるプラセンタの種類は?

スノーヴァのプラセンタは、ロシアンプラセンタです。

 

ロシア科学技術アカデミーというところで作られているプラセンタです。

 

「ロシア科学技術アカデミー」というのは、ロシアの中でも大きい研究機関のひとつで、プラセンタの研究は国をあげて1990年代から行われています。今では、18部門もある機関に成長しています。

 

 

プラセンタの原料となる豚も、優良なものが選ばれています。
親だけでなく、親の親までさかのぼって、筋肉質の豚であるかどうか抵抗力のある豚であるかどうか、
ということを考慮して優良な豚の種類を選びに選んでいます。

 

原料にこだわりをもって作っているということですね。
このプラセンタは、さらに、徹底した管理の中で作られています。
というのも、原液のプラセンタはとてもデリケートなものです。添加物も水もまったく加えられていないからです。

 

飼育員は、世話をするときには、必ず身体をきれいにしてからはいります。
また、年に3回の健康診断を必ず受けなければなりません。

 

24時間の間に3交代で世話をしています。
豚舎に研究員がはいるときには、身体検査が必要になってきます。

 

すべて、豚へ人間のウイルスなどが感染しないように配慮されているためです。
そして、この研究機関で作られたプラセンタ原液は、機関内で無菌充填されます。

 

そのまま、冷蔵空輸されて日本に着きます。
一度も開封されるということがなく、機関から使用する人の元へ送られていくのです。

 

プラセンタ美容液売れ筋ランキングはコチラ>>